Google 「+1」!
 

2018年11月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
facebookページ
  
カテゴリー

‘解体作業 -物置・撤去-’ カテゴリーのアーカイブ

遺品整理を業者に依頼する理由とは

2012/03/19
こんにちは

hiraです!

 

現代では、核家族化と世帯の分離が進んでいます。

 

それが良いことか悪いことかは別として、

その結果なにが起きるかというと、

 

看取る人のいない孤独死

そして遺される住宅、大量の遺品

…こういったケースで溢れることになります。

 

悲しい仕事、大変な仕事ではありますが

葬儀屋さんと同じく、世の中に必要な仕事として

日々業務の向上に努めて参ります。

 

 

 

さて、

いざご家族が亡くなられた際、

大量の家具、お荷物などの処分はどうするべきでしょうか。

 

お時間に余裕があるならば

ご自身で品物を仕分けして、売却可能なものは

個別に売却の手続きをして引渡しをして・・・

 

といった事も可能でしょうが、

 

亡くなられた方とは、往々にして住まいが別にあり

そう長く滞在していられるわけではない、という方も多いと思われます。

 

相続の関係などで、早々に住居を他者に引渡したり、

取り壊す必要がある、というケースも少なくありません。

 

 

短期間で全てを処分しなければならない——

そんな方には、遺品整理業者のご利用をお勧めします。

 

すでにそういった業者は世の中に多々存在しますが、

選ぶ際の基準として、「さまざまなケースに対応できること」を挙げます

(もちろん、お値段も最重要の要素ですが)

 

ただでさえ時間が少ない状況が想定されますから、

例えば

 

「ほとんどの品物について処分対応できる(資格を持っている)」

「買取も出来る」

「特定の品物については、お焚き上げ(供養)したい」

「部屋の掃除(特殊清掃)も出来る」

「消臭も出来る」

「傷んだ内装の修復(リフォーム)も出来る」

「引越作業もできる」

 

こういった対応パターンの多さが、恐らくご遺族の助けになるかと思います。

逆に言うと、それぞれに個別対応が必要ということになると、

莫大な時間がかかります。

 

遺品整理とは、人生で何度も対応する事態ではありません。

だからこそ、途中で何が起きるか、どういった作業が必要になるか、

一般の方には、想定がつき辛いことと思います。

 

さまざまなケースを経験しているプロの目と手で

お手伝いさせて頂ければ幸いです。

 

不用品処分札幌では、遺品の整理のご依頼も受け付けております。

また、さまざまなご要望、ニーズにお応えできる体制を備えています。

ゴミ屋敷の何がいけないの?誰にも迷惑かけてないし、いつかは片付けるし!

2011/12/17
・・・と、思っている方、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。

 

心のどこかで「いつかどうにかしなくちゃ」と思ってはいても、

あくまでそれは自分自身の生活態度の問題で、

他人に対しての迷惑行為では無い、と、

実際にそう主張されるお客様もいます。

 

ですがはっきり言って、それは間違いです。

理由を以下に書いていきます。

 

————–

 

ゴミ屋敷画像

 

・異臭の原因になります。「自分の匂い」に気付いていないだけかも・・・。

自分が気付いていない、あるいは「そんなに匂わない」と思っているだけで、

周囲ではすでに異臭、変な匂いとして迷惑に思っている方がいるかもしれません。

匂わないゴミ屋敷、ゴミ部屋、汚部屋はありません。

本格的なゴミ屋敷に対して、市販の消臭剤程度は、気休めにしかなりません。

 

・火災の原因になります。

ストーブなどの発火物と、紙や布などの可燃物が近いので、火事になりやすいです。

家電製品に重ねられた荷物の重みや、ケーブルのねじれから、漏電して発火することもあります。

火事になれば当然、周囲を迷惑に巻き込むことになります。

 

・部屋、物件に多大なダメージがあります。

ある程度の月日を経たゴミ部屋の汚れは、普通に片付けただけでは元に戻せなくなります。

床や壁にこびりついた汚染物質や匂いには、特殊な清掃、消臭処置が必要です。

床板などは、清掃だけでなく、修理・交換しなければならないケースもあります。

賃貸物件であればオーナーさんや次の入居者さんに迷惑がかかりますし

ご自身やご家族の出費としても、それなりの額になってしまいます。

 

 

————–

 

■まとめ

「いつかやる」「まだ大丈夫」は、危険な考え方です!

現状を継続すればするほど、危険性とコストが高まり続けます。

何かがどうにかなる前に、できるだけお早めにご相談下さい。

(その方が、結果的に安く上がります)

 

片付けてもまたすぐ散らかるし・・・という方には、

定期的な対応、繰り返し対応についてもご相談に応じます。

 

こちらは何件も実績のある業者です。

プライバシーは完全に守ります。

ご本人、お身内の方も、恥ずかしがらずにお気軽にお電話下さい!

北広島市で物置の解体工事と撤去作業。(車庫ガレージも可能です)

2010/08/26
おはようございます。不要品処分札幌のO(オー)です。

(9:55)

朝はホント涼しくなりましたね。

O(オー)は石狩に住んでいるのですが、

通勤に石狩街道を利用しております。

で、高速道路・札樽道が交わる部分で現在

車線の拡幅工事を行っているのですが

朝の交通渋滞がある時間帯を避けて

工事して欲しいと切に願います。

余談でした。

北広島市で物置の解体撤去

北広島市で物置の解体撤去

さて先日は北広島市で物置の解体工事

撤去作業を行ってきました。

(もちろんその後、江別市に寄って

プレステ2と三国無双も回収しました(笑))

今回の現場は普通の庭付きのどこにでも

あるようなお宅です。

少し違うのは2階建てではなく平屋の

お宅ということでしょうか。

南区は小金湯にある祖母の家と一緒です。

さて、問題の物置は裏庭にありました。

自転車が2台と整理棚が1つ入る大きさのもので

メーカーは不明です。

年季が入っている物置のため扉のスライド

横滑りも悪く、屋根の所々にサビによる腐食や穴が

顕著に見受けられます。

塗装も雨風太陽の直射日光に晒されて

劣化しておりました・・・。

ここまで使ってあげたのであれば

物置も本望だと思います。

物置解体セットを利用して

私を含むスタッフ2名で

早速バラシにかかります。

今回はお客様のご要望により

物置内にあるものを全部外に運び出す作業も行いました。

数日後に新しい物置が設置されるとのことです。

ブルーシートを被せておきました。

毎回毎回サビたボルトには手を焼くのですが

先月新しく購入したインパクトドライバー(インパクトレンチ)だと

初期準備は必要ですがその後がとても楽になりました。

まぁ、なんてパワフルなこと。

科学の進歩は目覚しいです。大枚叩いて購入した甲斐がありました(笑)

物置解体後は

基礎ブロックと共に部品を全てトラックに詰め込み

物置跡地を綺麗に清掃して終了です。

————————-

当社を含むROJグループでは社員を募集しております

当社を含むROJグループでは社員を募集しております

詳細はこちらです。

————————-

不要品処分札幌では、

物置や車庫ガレージの解体作業が可能です。

また、ROJグループの一員である

解体北海道では札幌を中心に一軒家・

アパートの解体工事

解体横浜も同じくマンションやビルの解体工事

等を行っております。

難しい現場の解体工事でも解体福島、


解体青森がお客様の望む解体工事を

行わせていただきます。

ご遠慮なくご相談くださいね。

お待ちしております。

————————-

札幌市豊平区で物置の解体作業・撤去してきました。

2010/07/16
どうも、不要品処分札幌のOです。

今日は午前中に札幌市豊平区の一軒屋の物置を解体、そして撤去してきました。

最近の物置はホントに優秀で使用する際の機能と、組み立てる、解体するときの

仕事のしやすさまで計算されて作られているのかなと思うほど実に解体しやすいです。

イナバ物置解体撤去

とはいっても一人での作業は物理的に不可能でして、ましてや当社のような解体代行業務を

行っているところは安全に仕事をこなさなければなりません。最低2人は作業員が欲しいとろこです。

今回解体してきたのは10年程度昔のやっぱりイナバ。100人乗っても大丈夫な物置です。

それなりのメーカーの物置や車庫・ガレージであれば錆(サビ)への耐性が強くネジが取れない

なんてことも少ないです。

(ネジがサビで固まったときでも当社では問題としません。クリアできます。)

そんなわけで安全には十分気を付けて物置を解体撤去しました。

もうかれこれ物置は100台以上は撤去してますからOも手馴れたものです(笑)

不要品処分札幌は、

物置やガレージ・車庫の解体作業と撤去処分が可能です。

また、家・アパート・マンション・店舗などの解体については

解体北海道までご連絡願います。

遠慮なくご相談ご依頼くださいね。

お問い合わせ

pcサイトはこちらをクリック



フリーダイヤル 0120-797-532



メールフォームになります。



携帯サイト


福島 - link -
静岡・浜松 - link -