Google 「+1」!
 

2018年11月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
facebookページ
  
カテゴリー

‘遺品整理’ カテゴリーのアーカイブ

この仕事をしていて思うこと

2018/07/02

暦では早くも7月となり、北海道の短い夏が始まろうとしていますが、ここ数日はずっと雨続きで梅雨のような有様です。

私たちの仕事はトラックへの積み込みなど、屋外での作業も多く含むので、悪天候は致命的です。

何もしていなくても雨降りなだけでなんとなく気分まで憂鬱になってしまいますが、仕事の妨げになる場合は憂鬱さも倍増しです(笑)。

さて、今回のブログはスタッフがこの仕事をしていて思ったこと・考えさせられたことを綴っていこうと思います。

 

遺品整理や回収という仕事の性質上、私たちはお客様のプライバシーに立ち入る機会が非常に多く出てきます。

特に一軒家をまるごと回収・引取りする案件では、依頼主様、もしくは生前そこで生活されていた方の今までの人生・暮らしぶりを垣間見ることになると言っても過言ではありません。

その人の生前の暮らしぶり、就いていたご職業、家族構成などが残置物から浮き彫りになってきます。

生活保護を受けて暮らしていた身寄りのないお年寄りの部屋などは、正直、作業する私たちもやるせない気持ちになります。

また、孤独死された方のお部屋をご遺族の依頼で回収することもありますが、亡くなったご本人が一体どんな気持ちで死を迎えたか、なぜ孤独死するに至ったのかということに思いを馳せると、なんとも言えない感情にとらわれてしまいますし、同時に、もしこれが自分だったら・・・と考えると正直怖いというかなんというか、という気もします。大袈裟でもなんでもなく、自分の生活を見つめ直させられることがよくあります。

世の中のたくさんの人々がそれぞれに様々な事情を抱え、各々の人生を送っているんだな、と妙な感慨に耽ってしまうこともしばしばです。また、この仕事の特殊さ故、ご依頼いただいたお客様には非常に感謝されます。「親が亡くなったが、家の中を何からどう片付けていいのかわからず困っていた」とおっしゃられる方が多く、そうした意味ではとてもやりがいのある仕事と言えます。

今後も私たち不用品処分札幌は、自分たちがやらねば誰がやる?という意気込みで精進して参りますのでどうぞ宜しくお願いします!

 

 

今まで経験したことのない仕事

2018/05/17

僕は初めて不用品の買取と引取りの仕事をしています!

今までは、トラックドライバーをしたり建築現場の仕事ばかりやってきた私ですが、不用品の買取の仕事があると会社に入社してから知りました。

最初はわからないことばかりで、先輩社員の方にいろいろ聞いて先輩の作業を邪魔してばかりで申し訳なく思っていましたが先輩社員方々が優しく教えてくださって

今では先輩の邪魔をしない程度に仕事をしています。

本日行かせて頂いた現場で、一人用サウナーボックスの引取りがあり私の 頭の中では重いものかと思っていましたが、二分割になるサウナーで意外に持って運べるぐらいの重さで良かったと思っていざ運ぼうとしたら一軒家の二階にあって、階段が狭くて降ろせるのかと思っていましたが、先輩社員のアドバイスもあり二階の階段をギリギリで降ろすことができて良かったです。

今は毎日違う現場行くので楽しくて、次はどんな現場か確認したり聞いたりして会社から帰ります。

 

不用品処分札幌 0120-797-532

平成30年 今年もよろしくお願い致します。

2018/01/03

明けましておめでとうございます、平成30年ですよ~。

昨年は皆さまにご愛顧いただきありがとうございます、今年も宜しく御願い致します。

昨年はごみ屋敷に汚部屋に始まり、マンションやアパートはたまたマジですか??と言いたくなるほどの大豪邸など様々なお宅に伺いました。(その反面、汚い部屋には一切驚かなくなりました、一種の職業病ですね 笑)

今年始まったばかりですが依頼はドンドン入ってきてスケジュールは結構埋まっています(ありがとうございます)。

昨年は我々の様な業者には最悪なニュースがありました、なんと不用品回収や遺品整理を行っていた業者が不法投棄を行っていたと言うのです、最悪です、物を廃棄するにもお金はかかりますし、家から運び出す人工もタダではありません、だからこそお客様からお金を貰うのです。(お宅の状況によっては高額になる場合もあります)

お金を貰っておきながら不法投棄をするなんてお客様に迷惑お掛けするのはもちろんの事ですが、自分たちの首も絞める事になるのにこんなことするなんて「バ〇」としか言いようがございません、真面目に仕事している者にもあらぬ疑いの目がむいていい迷惑です。怒

お客様のは大変申し訳ございませんが、不法な事を行う者は残念ながらいますので業者選びは慎重にお願いします。

当社は10年続いている業者ですのでその点は大丈夫です、まずは無料の見積りをして伺った人間を見て下さい、色々な方から「態度が良かった」などお褒めのお言葉を頂いています。

不要品など御座いましたらまずお電話を

不要品処分札幌 フリーダイヤル0120-797-532

蜂にご用心

2017/08/01

こんばんわ。しばらくの間更新できずに申し訳ありません…。

以前の暑さから気温が下がってきて寝苦しさが少し落ち着いてきましたね!!

最近は関東の方では「ヒアリ」が話題になっていますが、例年お騒がせしているのがそう…「蜂」ですね…汗

遺品整理などでお宅の整理している時も庭の近くから大きい羽音が聞こえると周りを見渡してしまいますね。

実際にうちのスタッフでも刺されているのが数名います(僕も先日草刈り中に刺されました…汗)

お客様からお話を聞くと今までできていなかったのにある年から急に蜂の巣ができるといった場合もあるようです。今までできていないからと言って油断しないでください!!あなたのお宅にも巣ができているかもしれません…。または近隣のお宅にできている場合もありますので発見した場合はお声をかけてあげてください!!

お見積もり無料で行っておりますのでまずはご相談でも構いませんのでご連絡お待ちしています。

札幌市外でも道内であれば対応させていただいていますのでよろしくお願い致します。

実家の片付け 

2017/05/25

先日提携先の不動産屋からのご紹介にてご依頼があり、依頼主様の親御様のご自宅(実家)のお見積りに行ってまいりました。
色々お話していくと、1品2品ではなく、【1軒まるごと】全部引取りしてほしいとのことでした。もう全部です。
最初は頭にタオルを巻き、よーしやるぞ!と張り切って作業にとりかかったそうですが、整理していると押し入れから当時子供の頃遊んでいたおもちゃやゲーム類・友人と撮影した写真やアルバムなどたくさん出てきたそうです。懐かしさのあまり、広げて見ては昔話で盛り上がり、まったく手つかずのまま。なかなか作業も進まず、もうこれは業者にやってもらうしかないと家族で話し合い、依頼されたということです。
もう1つ、まだ自宅の中には、写真・アルバムが眠ってるそうで、見つけてほしいとのことでした。
見積時、【残さないといけないもの(引取りしないもの)】を必ずお聞き致します。誤って引き取ってしまっては大変です。特に【写真・アルバム】などはお客様の大事な思い出の貴重品ですからね。
それ以外にも通帳・印鑑・証券・カード類などもよくありますね。そういった【貴重品類】なども確保させていただき、作業させていただきます。

私もかれこれ500件以上お見積りさせていただいておりますが、上記のように手が止まって(懐かし物を発見して)作業が進まないという方、結構多い気がしますね。
今もなかなか片付け作業が進まないで困ってるお客様、ぜひお問い合わせください。お力になります。

不用品処分札幌店 0120-797-532

k

東区、遺品整理の清算中の話し合い

2017/05/24

5月も中旬を過ぎてようやく熱くなってきましたね、すこし動けば汗が滴る季節の到来です、

しかもメタボな私にとっては滝の様な汗をかく季節です。

そんな中、東区のお宅に遺品整理の依頼を受けて不用品処分札幌のスタッフは出動しました。

広さ的には平均的な家でしたが、家族の方が大変頑張られて残っている物自体は家の広さに比べてスッキリしている印象でした。

それでも一軒分の物量は2トントラックでは収まるものではありません、その為女性スタッフにまずは細かい物の整理に入ってもらいます、その作業の一環で貴重品や思い出の品とか重要な書類などを取り分けていきます(そこが他社と当社の違いです、全て一緒くたにゴミとして処分しません)その後整理が終わったら男性スタッフがトラックで伺い大型家具、家電などと一緒に搬出していきます。

そしてすべて綺麗になりましたら、お客様に確認して頂きOKが出ましたら、清算となります。

その時にもお客様と会話する事が多々あるのですが、大体の遺品整理では亡くなったご両親の家を子供さんが片づけるのですが、子供さん自体もかなりのご高齢な方の場合も多く、他人事ではなく思っている人が多いです。

そこで提案するのが、すこしづつ片付ける事です、その様にしているとイザと言う時に残された方の負担が少なくなると説明します。

遺品整理でも普通の片付けでもまずは当社にお電話下さい。

不要品処分札幌 0120-797-532

遺品整理ではよくある事

2017/03/25

本日は中央区のマンションにてご両親が亡くなり近く管理会社に引き渡さなければならないので、片付けをお願いしたいとの依頼を受けて伺いました。

当社はお見積りの段階から、必ずお客様のお聞きする事が有りまして、それは「我々が持って行ってはダメな物」なのです、当社の中では「残し品」と呼んでいる物なのですが、お客様によって様々です。

家族で撮った昔の写真、ご両親が二人で旅行に行った際に撮った写真やお仏壇とか、お亡くなりになる前に買った新しいテレビや冷蔵庫などの家電製品などが多いですが、中には「家の中に〇〇があるはずだから、出てきたら残してほしい」などのお願いも多々あります。

そういった依頼も当社の方法の片付けならば、ほとんど達成できていますのでお客様にもよろこんでいただいています、ただし見つからない場合も当然あったりしますが、我々が残した方良いと思った物(鍵、通帳、印鑑、権利書などの重要と思われる書類)を見て「ここまで探してくれたなら無かったんだね」と納得して貰えています。

現場によって違いますが多い時には段ボールで5~6箱の残し品が出る事もありますが、清算時に確認して頂き必要なければ回収しますのでご安心下さい。

遺品整理などを頼む時「全て捨てられてしまうのでは?」と不安な方は当社にお電話下さい。

フリーダイヤル 0120-797-532

札幌市内にてお引き取り作業

2017/03/12

こんばんわ。本日も暖かく春がもう間近に来ているのを感じますね(先日大粒の雪が降っていたので焦りましたが…)

本日は札幌市内にてお引き取り作業の方をさせて頂きましたが、移動が多い一日で多くのお客様のお宅にお伺いすることができませんでした。

やはりお伺いしたお宅のほとんどはお引っ越しの準備をされていて、準備でバタバタされている方がほとんどでしたね…汗

そんな私も引っ越しの当日は会社の先輩後輩、学校の友達など手伝ってもらい、朝から作業をして終わったのは夜中とかでしたね笑(皆さんもお引っ越しの際はお引っ越し日から逆算して計画的に準備することをお勧めします。当社のような業者を利用する際も先着順になりますので日時が確定次第早めにご連絡いただけると助かります。

お引っ越し、遺品整理、お部屋の整理、店舗撤収作業などなどお困りの方がいらっしゃいましたらご相談でも構いませんのでまずは当社へご連絡ください。お待ちしております。

不用品処分札幌 フリーダイヤル 0120-797-532

札幌市内にて遺品整理見積もり

2017/02/08

こんばんは!!先日札幌市内にて遺品整理のお見積もりに行かせて頂きました。お客様ご自身でかなり整理の方をされており、結果的にはお客様ご自身で整理されるということでご相談のみで当社で作業を請け負うことはありませんでした。

当社ではお見積もり時にご自身である程度整理したいというお客様には「どうすれば安く処分できるか」をご提案させていただいています。簡単に言うと細かい不用品はご自身で袋に詰めて捨てていただくとお引き取りの量が減るので金額はかなりお安くなることが多いです。大型の家具(タンスなど)や大型家電(冷蔵庫や洗濯機など)のように大きくてご自身で搬出が困難なものだけになると作業も早く終わることができるので料金が変わる場合もあります。

お客様によってはご自身で整理がつけられないという方も多数いますので、そういった場合は細かいものもすべてこちらでまとめて処分させていただきます。

ご不明な点やお困りのことがありましたらご連絡ください。

不用品処分札幌 フリーダイヤル 0120-797-532

札幌白石区にて遺品整理

2017/01/23

本日は白石区にて遺品整理をさせて頂きました。2日に分けて作業に入らせていただきまして、本日がその二日目でした。見積もりの段階だと浴室が血まみれの状態だったそうで、孤独死をされていたようです。

浴室の掃除の方はご依頼人の方がしてくださっていたので、綺麗になっていました。 この仕事をしていると孤独死されている方というのが思っていたよりも多いんだなと感じるとともに、近隣の住民の方とのコミュニケーションなども薄れてきているのかなと感じました。以前ニュースで見ましたが、最近の親御さんは「知らいない人に話しかけられても付いていかない」「防犯ブザーを持たせる」などまずは人を疑うことを教える傾向があると見ました。僕は札幌ではなく田舎の出身なせいかそこまで抵抗はありません。

せめて近隣の方と会った時くらいは最低限の挨拶などはしていきたいですね。そうすることで顔を合わせなくなった時に「あの人最近見ないわね。なにかあったのかしら」と思ってもらえれば孤独死の発見などが早くなったり、防止につながればと思いますね。

何かありましたらご依頼、相談お待ちしています。

不用品処分札幌フリーダイヤル0120-797-532

お問い合わせ

pcサイトはこちらをクリック



フリーダイヤル 0120-797-532



メールフォームになります。



携帯サイト


福島 - link -
静岡・浜松 - link -