Google 「+1」!
 

2011年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
facebookページ
  
カテゴリー

‘2011/12’ カテゴリーのアーカイブ

古~いパソコンの処分に心が痛む。並列化技術が進めばいいのに!

2011/12/30
どうもこんにちはHiraです。

 

ブログの更新、Webサイトの管理等の他、

社内で、パソコンの修理作業などもやっております。

 

お客様から買取りさせていただいた、

比較的新しいパソコン、商品価値の高いパソコンは

直り次第、様々なルートでどんどん出荷されていきますが、

 

直しても売れそうにない、ビミョーに古いパソコンは、

ある程度の量がたまってから、資源としてのリサイクルに回されます。

ゴミにはならないんですが、やっぱりもったいないですね。

 

十数年前なら、超高性能!だったパソコンも、

2011年現在では、ガラクタ扱いなんですよね。

 

 

そーいった古いパソコンを繋げて、

1台のスーパーコンピュータにするというような技術、

世の中には、あるんですけどね。並列処理ですね。

 

ただし、現状で「ゴミ」扱いのパソコンを繋げて使う、となると

環境の統一性や消費電力や費用対効果やソフトウェアや

ありとあらゆる様々な問題から、現実的じゃないんですよね。

 

技術革新で、もっとどうにかならんもんかなー、と

仕事の合間のボーっとした頭で、取り留めもなく考えてました。

 

年内最後だというのに、オチの無い記事ですいません。

また来年お会いしましょう!

人形供養・お焚き上げも致します。五月人形・雛人形の処分もご相談下さい。

2011/12/29
おはようございます!

今年もあと3日。年末にふさわしい話題として

今回のテーマは「お焚き上げ」「魂抜き」です。

 

 

五月人形・雛人形・ぬいぐるみなど、想いの詰まったお人形について

「そのまま処分して良いのか?何か悪いことがあるのでは?」

とご心配されて、お問合せされるお客様は、かなりいらっしゃいます。

人形に限らず、お仏壇やお布団などについても、そうですね。

 

不要品処分札幌では、道内の寺院様にお願いし、

お客様より引き取らせて頂いたお人形、お仏壇などの

御供養、御法要を行なっています

現場に立ち会えないお客様のために、写真と御供養証明書の発行も承ります。

 

私hiraも新人ではありますが、何度かお焚き上げに立会いました。

数々のお人形のそれぞれに、関わった方の思いやドラマがあったのだと思うと

自然と厳粛な気持ちになりました。 ご住職からありがたいお話も伺いました。

 

一言で遺品、不用品と言いましても、

それらはただのモノ達ではなく、関わった方の思いが込められています。

たとえ元の持ち主様が「そんなことはない」と仰られても、

我々は今後もあらゆる品物を大事に丁寧に扱わせて頂きます。

 

年月を経たお人形の扱い、処分の方法などにご不安をお持ちの方は、

プロである我々にご相談頂ければと思います。

地デジでないテレビでも買取します!

2011/12/28
おはようございます!

 

地上デジタル対応でないからと言って、処分費用が掛かる(※)からと言って、

売ることも処分することも出来ずに、置きっぱなしになっているアナログテレビはありませんか?

※平成13年よりの家電リサイクル法によって、リサイクル家電5品目

(冷蔵庫・洗濯機・TV・エアコン・冷凍庫)は処分にリサイクル費用が必要

 

しかし、製造年月日が比較的新しく、液晶タイプの薄型テレビであれば、

まだ需要がありますので、弊社で買取り対応が可能です!

(※ブラウン管テレビについては、対応について要相談となります。)

 

場所をとるテレビをいつまでも置いておくよりも、処分するなら今がチャンス!

札幌にお住まいの方、テレビを売りたい方、ブラウン管TVが邪魔な方、

弊社までぜひお問合せ下さい!

 

弊社は年中無休でまだまだ営業中です!

年末年始の帰省中に遺品整理をしなければならない方へ【手続き一覧等】

2011/12/27
こんにちは、hiraです。

 

もう年末ですね。

ちらほら仕事納めされる方、帰省される方もいると思います。

 

中には、最近お身内の方が他界され、

帰省中に様々な手続きや作業を行う方もいるかもしれません。

 

———-

 

そんな場合に役立つ、必要な手続き一覧がこちら

 

公共機関・公的機関へのお手続き(自治体、年金等)

故人の財産のお手続き(相続、保険等)

その他忘れがちな手続き(自動車免許等)

 

 

チェック表として使えるよう、一覧にまとまっています。

お忘れが無いかどうか、上記リンクからお確かめ下さい。

 

———

 

また、物品の処分につきましては、

ご自身でひとつひとつ仕分け、処分、売却を行うのは非常に大変です。

まして、各事業者が休業中の年末年始なら、なおさらです。

 

・お手元に置いておきたい思い出の品

・お焚き上げの必要な、お仏壇や人形

・高額買取が可能な家電、趣味のアイテム、家具などの査定

・大型家電、家具の運び出し

 

これらの事にワンストップで全て対応できる

弊社へご依頼頂ければ、お客様の経済的・時間的負担は

必ず軽減されることと思います。

 

お電話での大まかな見積もりや、メールを使ったご報告など

なかなかお立会いが難しい方へも対応可能です。まずはお電話下さい。

メールフォームからのお問合せも可能です。

 

 

 

【年末年始も回収OK!】大掃除のゴミ、不用品の処分先にどうぞ

2011/12/26
こんにちは!hiraです♪

 

いやー、今日の出勤は一苦労でした。記録的な大雪でした。

初めて「車のワイパーで雪がどんどん下の方に固められる」という経験をしました。

 

この調子じゃ、店舗を持ってらっしゃる方は、除雪に一苦労どころじゃないですね・・・。

今後も、札幌市の雪情報ページは、毎日チェックして注意したいと思います。

 

——–

 

さて、今年最後の一週間が始まりましたが、

みなさん、大掃除の進み具合はいかがですか?

 

むしろ、これから大掃除、と言う方も多いのではないでしょうか?

まとまった作業は年末年始のお休みになってから、という方も、

サービス業などには多いんじゃないでしょうか。私みたいに。

 

そんな時に、不用品やゴミの引き取り先として、弊社をご利用下さい!

年末年始をゴミに囲まれて過ごすより、

スッキリとした気分で新年を迎えませんか?

 

ゴミ屋敷同然のお部屋の片付け大型家具の撤去、引き取り

その他、お部屋の消臭や除菌に至るまで、年内いっぱい受付中です♪

 

 

震災避難者のホワイトクリスマス

2011/12/24
まだ前日ですが、メリークリスマス!

明日はお休みのhiraです!

 

といってもクリスマス前後の予定らしい予定は

明日に避難者のための甲状腺検査 があるぐらいで

とても艶っぽいクリスマスとは言えないんですが(笑)

 

もちろん、ご好意で検査を主催して下さっている先生方を思えば、不満なんてありゃしません。

わざわざ連休に合わせてスケジュールして頂いて、ありがたい話です。

なんたって、「家族が健康であること」が、われわれ避難者の最優先事項ですからね。

 

甲状腺検査については、食事制限などは無いそうなので

今日は嫁さんが「それなりの」食事を用意してくれるそうです。

 

避難者たる我々に贅沢するような余裕(精神的、経済的)は無いので、

まあ、それが我が家のクリスマスおよび年末年始の精一杯ですね。

 

——-

さて、他の避難者の方はどういうクリスマスを過ごされるんでしょうか。

年末ということもあり、僕の周囲でも色々・悲喜こもごもの状況のようです。

 

いまだ家族が北海道に来られずに別離中の方、

一度は避難したものの、さまざまな事情から地元に帰られる方、

この時期も必死で就職活動に励む方、

それに僕の地元では未だに避難所生活の方もいます。

 

夫婦揃って安全な食事が出来ること、それだけでも

自分はかなり恵まれている方だと、ここ数日、本当に感じています。

せめて皆さん、クリスマスの間は、幸せを感じられる何かがあるといいです。

 

——

 

さて、きょう北海道の午後は雪のようです。

ホワイトクリスマスですね。

 

自分、東北出身といっても宮城ですので、

実はそれほどホワイトクリスマスの経験は無いです。

 

東北でも、太平洋側はそれほど(北海道ほどは)雪が降らないんですよね。

積もるほど降るのは、せいぜい1シーズンに数回ぐらい?

それがたまたまクリスマスに重なることは、そうありませんでした。

 

というわけで、ホワイトクリスマスになりやすい、というのは

日本全体で見ても、札幌の「ウリ」の一つじゃないでしょうか。

 

昔からの道民にとっては、雪なんて邪魔なだけですかね?

自分は結構好きですよ、雪と共存する札幌が。

買ったばかりのブーツで雪を踏むのもまた風流ですわ。

 

 

とはいえ、車の運転だけは未だに怖いですけどね。

今日お仕事の方は、お気をつけてお帰りになってください。

そして幸せなクリスマスをお過ごし下さい。

 

ではまた明後日にお会いしましょう~。

大掃除のコツ

2011/12/23
hiraです。

 

今日から3連休!という方も多いと思います。いいですね~

僕は仕事です!仕事楽しいです!やったー!

 

とはいえ、「この連休で、大掃除や年賀状を片付けなきゃ!」

という方も多いんじゃないでしょうか。ちょっとは遊ぶにしても、やはり年末ですしね。

できれば、クリスマス前の今日に終わらせたい所です。

 

というわけで、今日は”大掃除のコツ”について。

 

————

 

参考にいくつかのサイトを回ってみましたが、

まず最初に見るべきはこちらかな~と思います。

 

大掃除は段取りで決まり!|ダスキン

http://www.duskin.jp/oosouji/dandori/

 

最初に、おおまかなプラン、スケジュールを立てることが肝心。

仕事でも一緒ですよね~

 

そして次に、個別の詳しいやりかた。窓ガラスは新聞紙で拭くといいよ!とか、

水周りには重曹が効くよ!とか、そういう豆知識ですな

(hiraはそれぐらいしかしりません・・・すいません!)

 

プロが教える大掃除のコツ(教えてgoo)

http://oshiete.goo.ne.jp/benriqa/detail/housecleaning

 

大掃除特集(ALL About )

http://allabout.co.jp/aa/special/sp_housecleaning/

 

————

 

全てを完璧にしよう!と考えると大変ですが、

新年に「まあ、やれるだけはやったな!」という

満足感、達成感を持てるぐらいには、頑張りたいですね、僕も。

 

自分のお宅をゴミ屋敷にしちゃう人は、実は完璧主義な人が多いと思います。

「どうせ完璧に出来ないし、同じことだ」って考え方ですね。

程度の話ではなく、0%か100%の定規しか持っていないと

ハードルが高すぎて、なかなかやる気が出ないんじゃないでしょうか。

 

皆さんも、ほどほどに頑張って

明日のクリスマスイブ~年末年始を楽しくお過ごし下さい♪

 

 

 

あ、大きい不用品が出ましたら、ご遠慮なく弊社までご連絡下さい。

ピアノでもエレクトーンでもタンスでもタイヤでも何でも回収します。

年末年始も休まず営業中です!

余ったお歳暮の有効活用♪

2011/12/22
hiraです。

 

気づけばもうクリスマスまであと2日ですね~。

忘年会やら、年賀状の準備やら、お仕事の追い込みやら。

皆さんも何かと気忙しい毎日なんじゃないでしょうか。

 

お歳暮には、そんな「年の瀬を労わりあう」といった

気持ちも込められているような気がします。

 

お歳暮

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ、頂いたお歳暮の量や中身によっては、

ご家庭で消費しきれない、使い切れない場合もあると思います。

 

そのまま捨ててしまったり、他の人にタダで譲ってしまったりするよりは、

海外の、日本にあこがれる方々の手に渡してあげてはいかがでしょう。

 

弊社では、色々なお歳暮を買取り、それをタイやフィリピンなどに輸出し、

現地のお客様に格安で提供しています。

 

せっけん、タオル、保存食品、その他

日本では大量生産の不用品でも、現地では大変喜ばれます。

 

どうせ捨てるぐらいなら、他人に心から喜ばれて、

少しでも収入になって、日本の宣伝にもなる、

こういったリサイクルに活用した方が、

贈り主の方の気持ちにも報いられるのでは無いでしょうか。

 

 

お歳暮の買取りは、こちらの店舗で行っています。

【札幌のリサイクルショップ・モノココ】

 

東京電力に税金2兆円投入して実質国有化するんですって。

2011/12/21
hiraです。

 

今日出ていた、このニュースについて。

東電、実質国有化…官民で総額2兆円支援へ 読売新聞 12/21

 

今回も前回の原発関連記事に続き、個人的見解、感想を書きます。

堅い話つまらない!と思われるかもしれませんが、

すいません、お付き合いください。

 

———-これまでの流れ———–

 

税金投入による東電救済が24時間でスピード決着 ガジェット通信 5/11

5月に東電が国に支援を要請し、政府に受諾され

 

【速報】「東電救済」法案が可決、衆院通過 ガジェット通信 7/28

野党との調整を経た上で7月末に正式に国会で承認され、

 

そして今日、政府の東電に対する今後の方針について

冒頭のニュースが大きな動きとして報道された、というわけですね。

 

——————————

 

hiraの立場からの、正直な感想としては

今回のこのニュースは歓迎すべきこと、と捉えています。

東電への支援、というよりは、被災者支援の側面が強いと思います。

 

hiraは国と東電なら、

東電の方を「より信用していない」ので、国有化に賛成です。

どんどん東電の(発電能力と関係のない)資産を売って、

不要な人員は整理していってほしいものです。

 

被害者への賠償金に税金や電気料金あてるのも、仕方ないと思います。

税金入れる理由は、国民である被災者の生存権を守るため。

電気料金あげる理由は、東電の「原発利用コスト」として。

(他に削れる部分は多々あるようですが、基本的に原価の分、売価も上がるのが商売)

 

原発再利用が計画に盛り込まれてることですとか、

他にも公平性やらの面で色々と問題はあるかもしれませんが、

hiraは基本的には、今回のことを受け入れています。

 

とはいえ、被害者への一国も早い救済が優先だと考えるのは、

・・・はっきり言うと、自分が被害者に近い立場だからであり、

知り合いに被災者もおらず、電気料金上がるだけの人が

自己利害の面からこのニュースに反発するのも、当然かと思います。

 

そのへんの、電気料金の負担者として感じる

料金設定の理不尽さや、人件費の不均衡などについては、

電力自由化を進めて、自由競争にして

利用者が業者を自由に選べるようにすればいいんじゃないか

などと、個人的には思っています。

 

つまり、それはそれで別の話、今後の課題ということだと思います。

というか、政府でこう決められた以上は、ひっくり返すのは困難ですし。

「じゃあどこで釣り合いを取ろうか」と考えるべきかと思います。

 

 

 

以上、hiraの個人的見解でした。

 

いやはや、いまさらながら、

会社のブログでこんなこと書いていていいんでしょうかね。

いずれどこかから怒られて、

(原発関連記事は)止めることになるかもしれませんが、

 

とりあえず当面は、またときどき関連ニュースを拾っては

個人的感想を書いていこうと思います。

よろしくお付き合い下さい。

 

 

■用語リンク

原子力損害の賠償に関する法律(通称:原子力損害賠償法) S.36

原子力損害賠償支援機構法 H.23

原子力損害賠償支援機構

【遺品整理】業者選びのコツ・2 費用を抑えるための裏技

2011/12/20
hiraです。

 

前回に引き続き、遺品整理の業者を選ぶ際のポイントをお話します。

もちろん弊社を選んで頂きたいのはヤマヤマですが、

 

他社と比較して頂いて、その上で弊社を選んで頂ければ、

それがお客様にとって最も良い選択であり、

弊社にとっても、最高に光栄なことだと考えています。

 

前回は、「信用のおける業者かどうか」という視点の記事でした。

今回は、「遺品整理の費用を抑えるため」という点から、業者の選び方を考えます。

 

———

 

■遺品整理の料金を抑えるために、業者選びの際にすべきこと

 

——–

 

CHECK(1)・Webサイトで基本料金を表示している業者を選ぶ

結局はケースバイケースとはいえ、基準となる料金はあります。

非表示の業者よりは、このようにきちんと表示している業者がお勧めです。

 

CHECK(2)・買取りに強い業者を選ぶ

できるだけ品物の多くを買取りしてもらえば、費用が相殺されます。

しかし、大抵の業者は「高価買取いたします!」と謡っています。

どうやって、その中から選べばいいでしょうか。

答えを言うと、「販売手段を自前で持っている企業」がお勧めです。

リサイクルショップを経営している、海外輸出をしている、通信販売をしている、等。

他の業者への転売が前提の業者ですと、手数料の分、買取り価格が低くなります。

電話問合せの際や、下見、見積りの際になど、それとなく聞いてみましょう。

 

CHECK(3)・オプションも自前でまかなえる業者を選ぶ

思い出の品のお焚き上げや、ゴミ屋敷であった場合の特殊清掃、

あるいは、お亡くなりになられた状況によって、

特殊な消臭が必要な場合もあります。

そういった作業を、自社で対応できる業者がお勧めです。

ワンストップで依頼できる業者であれば、総合的に料金が安く抑えられます。

 

CHECK(4)・複数の業者に見積もりを取ろう

CHECK1、2を満たす業者から、3社ほど選び、見積りを取りましょう。

お立会いが必要なので、日程調整のことも考えると

3社程度がベストかと思います。

 

CHECK(5)・他社見積りを元に、交渉しよう

見積りが上がってきたら、一番安かったものを

他の業者へ伝えて、それ以上安くできるか聞いてみましょう。

「そういうことをすると、嫌われるんじゃ?」「サービスが悪くならない?」

と心配されるお客様もおられますが、そういったことは、普通ありません。

そこで態度が悪くなるような業者は、信用が置けないと思います。

 

——–

 

専門業者の立場から言えることは、こんなところです。

普通にWebサイトを見ただけでは分からないことも含まれてます。

(だから「裏技」と記事タイトルに入れさせて頂きました)

 

ふつう、遺品買取りした先の販売経路なんて、広報しませんしね・・・。

けれど、実際そこで買取り価格に差がつくわけですから、

今回はあえてこのブログで、弊社の買取り価格が高い秘訣を書いてみました。

 

皆様のご判断の基準にして頂ければ幸いです。

 

 

弊社の遺品整理専門チームのWebサイト(遺品整理.com)はこちら

不用品処分札幌の遺品整理サービスページ

弊社で経営するリサイクルショップのページ

 

お問い合わせ

pcサイトはこちらをクリック



フリーダイヤル 0120-797-532



メールフォームになります。



携帯サイト


福島 - link -
静岡・浜松 - link -