Google 「+1」!
 

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
facebookページ
  
カテゴリー

‘原発’ タグのついている投稿

東京電力に税金2兆円投入して実質国有化するんですって。

2011/12/21
hiraです。

 

今日出ていた、このニュースについて。

東電、実質国有化…官民で総額2兆円支援へ 読売新聞 12/21

 

今回も前回の原発関連記事に続き、個人的見解、感想を書きます。

堅い話つまらない!と思われるかもしれませんが、

すいません、お付き合いください。

 

———-これまでの流れ———–

 

税金投入による東電救済が24時間でスピード決着 ガジェット通信 5/11

5月に東電が国に支援を要請し、政府に受諾され

 

【速報】「東電救済」法案が可決、衆院通過 ガジェット通信 7/28

野党との調整を経た上で7月末に正式に国会で承認され、

 

そして今日、政府の東電に対する今後の方針について

冒頭のニュースが大きな動きとして報道された、というわけですね。

 

——————————

 

hiraの立場からの、正直な感想としては

今回のこのニュースは歓迎すべきこと、と捉えています。

東電への支援、というよりは、被災者支援の側面が強いと思います。

 

hiraは国と東電なら、

東電の方を「より信用していない」ので、国有化に賛成です。

どんどん東電の(発電能力と関係のない)資産を売って、

不要な人員は整理していってほしいものです。

 

被害者への賠償金に税金や電気料金あてるのも、仕方ないと思います。

税金入れる理由は、国民である被災者の生存権を守るため。

電気料金あげる理由は、東電の「原発利用コスト」として。

(他に削れる部分は多々あるようですが、基本的に原価の分、売価も上がるのが商売)

 

原発再利用が計画に盛り込まれてることですとか、

他にも公平性やらの面で色々と問題はあるかもしれませんが、

hiraは基本的には、今回のことを受け入れています。

 

とはいえ、被害者への一国も早い救済が優先だと考えるのは、

・・・はっきり言うと、自分が被害者に近い立場だからであり、

知り合いに被災者もおらず、電気料金上がるだけの人が

自己利害の面からこのニュースに反発するのも、当然かと思います。

 

そのへんの、電気料金の負担者として感じる

料金設定の理不尽さや、人件費の不均衡などについては、

電力自由化を進めて、自由競争にして

利用者が業者を自由に選べるようにすればいいんじゃないか

などと、個人的には思っています。

 

つまり、それはそれで別の話、今後の課題ということだと思います。

というか、政府でこう決められた以上は、ひっくり返すのは困難ですし。

「じゃあどこで釣り合いを取ろうか」と考えるべきかと思います。

 

 

 

以上、hiraの個人的見解でした。

 

いやはや、いまさらながら、

会社のブログでこんなこと書いていていいんでしょうかね。

いずれどこかから怒られて、

(原発関連記事は)止めることになるかもしれませんが、

 

とりあえず当面は、またときどき関連ニュースを拾っては

個人的感想を書いていこうと思います。

よろしくお付き合い下さい。

 

 

■用語リンク

原子力損害の賠償に関する法律(通称:原子力損害賠償法) S.36

原子力損害賠償支援機構法 H.23

原子力損害賠償支援機構

加工食品から検出される放射性物質。これから生まれる子供への影響と対策。

2011/12/07
おはようございます!

更新担当のhiraです!

 

私は、前任のsugaと同じく、東北から北海道への自主避難者です。

今日は趣向を変えて、ここ2~3日の原発関連ニュースについて

hiraの個人的な感想、考えを書いてみます。

 

————

 

「晩酌の友」サバ缶からセシウムが検出

粉ミルクからセシウム「明治ステップ」40万缶無償交換へ

 

色々な加工食品から放射性物質が検出されてますね。

これから安心して食べられるものはどんどん減って行くんでしょう。

 

僕は、福島第一原発に近いほど、そして

加工の工程が多くなるほど、流通経路が多くなるほど、

放射性物質混入の可能性が高くなると思っています。

これは、気持ちや思い、郷土愛などとは別の話です。

 

例えですが、ホコリのいっぱい舞っている部屋で

何度も炊飯器のフタを開けたり、調理に時間の掛かる料理を作っていたら、

ホコリが入ったご飯を食べてしまう「可能性」は、どうしても上がってしまいます。

 

————

 

そんなわけで、我が家では加工食品を全く買いません。

北海道で採れた生鮮食品のみをスーパーで買って、料理しています。

外食は、地場食材を使っていると分かるところだけに行きます。

 

基本的に国内や環太平洋の国で水揚げした海産物は買いません。

缶詰は、3.11以前の製造年月日のものを見つけたら、買っています。

3.11から数えて消費期限2年分ぐらいは備蓄してあります。

 

子供のいない家庭としては、我が家は徹底している方だと思います。

宮城から北海道へ自主避難したこともその一環ですし。

 

なぜなら、『いずれは子供を作りたいから』

 

生物濃縮のことを考えると、母体に毒が溜まれば溜まるほど

「これから生まれる子供」に濃縮して受け継いでしまうことになります。

 

乳幼児は放射能の影響を受け易い、とはよく言われますが、

胎児またはこれから生まれる子供、については、

それ以上に危険が大きいと考えています。

 

それなのに、「うちは子供がいないから」という理由で、危険を軽視する人もいます。

実際に子供がいる家庭に比べて、若い夫婦や独身者は、

危機意識が薄い(あるいは諦めが強い)傾向があります。

僕はそれが悲しいです。

 

もっとも、

将来子供を作るかどうか分からないのに、経済的・肉体的・精神的な負担や

リスクを負ってまで行動するのは難しい、という気持ちも重々分かるんですよね・・・

実際、うちもかなり悩みましたし。

 

だから、せめて記事の最後に、こういった情報を紹介しておきます。

 

北海道が「民間賃貸住宅の借上げ制度」を実施

3.11に福島に居住していた人や、宮城・岩手で家を失った人なら、

アパート等の家賃を北海道で負担してくれます。(最大2年間)

 

他にも、ハローワークなどで就業支援の仕組みもありますし、

北海道へ思い切って居住するなら、今がチャンスです。

そして一方、時間が経てば経つほど、優遇措置は減っていきます。

 

私も似たような制度を利用して、

ふるさとで持っていた仕事も何もかも全てを捨てて北海道へ移住しました。

今は再就職して、安全と思われる食生活をして、

夫婦で楽しく暮らしています。

まだまだ少ない例だとは思いますが、皆様のご参考になれば幸いです。

お問い合わせ

pcサイトはこちらをクリック



フリーダイヤル 0120-797-532



メールフォームになります。



携帯サイト


福島 - link -
静岡・浜松 - link -